エアライン速報

旅客機 / 航空ニュースを中心に話題の情報をお届けします!

    JAL 冬ダイヤにA350-1000を導入・・・国際線旗艦機を19年ぶり刷新




    日本虚空(JAL/JL、9201)は、エアバスの大型機A350-1000型機を10月29日開始の冬ダイヤから国際線に投入する方針を固めた。現行のボーイング777-300ER型機の後継となる長距離国際線機材で、同数の13機を順次導入していく。JALが国際線のフラグシップを刷新するのは19年ぶりで、客室仕様を刷新し、羽田-ロンドン、ニューヨークの2路線を軸に最初の投入路線を調整する。省燃費機材に更新することで、CO2(二酸化炭素)排出量削減を加速させる。

    ◆17号機はA350-1000  JALは777の後継機として、2013年10月7日にA350を発注したと発表。これまで日本の航空会社が大型機を選定するとなれば、ボーイングなど米国製と相場が決まっていたことから、欧州のエアバス機導入は日本の航空業界に大きな衝撃を与えた。777の後継として、標準型のA350-900を18機、長胴型のA350-1000を13機の計31機を確定発注し、オプション(仮発注)で25機購入する契約を締結した。国内線機材のA350-900は2019年9月1日に就航しており、16号機(登録記号JA16XJ)まで受領している。  16号機まではすべて国内線用のA350-900だったが、17機目はA350-1000の初号機(JA01WJ)となる。2023年度は2機受領し、現在の中期経営計画の最終年度となる2025年度末には9機体制を構築。2028年度ごろまでに残り4機を受領する見通しで、現行の777-300ERを順次退役させる。  ロンドンやニューヨークなどの長距離国際線にA350-1000を投入することで、CO2を削減するほか、2004年7月1日の就航から20年近い777-300ERを退役させることにより、運航・整備コストを削減する。JALは現在の中期計画で、ESG(環境・社会・企業統治)戦略を経営の軸に据えており、A350をはじめとする省燃費機材への更新により、2030年までに400億円の燃油費削減効果を見込んでいる。 ◆システムは95%共通・客室は新仕様  A350-1000は、2機種で構成するA350 XWBファミリーの長胴型。全長は73.79メートルで、標準型であるA350-900の66.8メートルより約7メートル長い。座席数はメーカー標準仕様で3クラス350-410席と、A350-900の300-350席より50-60席程度多く、航続距離は8700海里(1万6112キロ)、最大離陸重量は319トンとなる。  システムの95%がA350-900と共通で、タイプレーティング(機種別操縦資格)も共通なので、航空会社が需要や路線のニーズに合わせて2機種を使い分けやすい。  エンジンは英ロールス・ロイス製Trent XWB-97(トレントXWB-97)で、推力は9万7000ポンド。ロールス・ロイスによると、A350-900用のTrent XWB-84(推力8万4000ポンド)と比べ、新しい高温タービン技術やより大きなエンジンコア、ファンの空力特性の組み合わせで推力を増加させたという。機体の空力改善やエンジンにより、777やA340-600と比べて燃費や1座席あたりの運航コストは25%改善している。  メインランディングギア(主脚)は、A350-900は787などと同じ1脚あたり4輪だが、A350-1000は777と同じ6輪に増える。JALはA350-1000の独占タイヤサプライヤーとして、ミシュランを選定している。  一方、現行の777-300ERは座席数が4クラス244席で、ファースト8席、ビジネス49席、プレミアムエコノミー40席、エコノミー147席。現在の客室仕様「スカイスイート」は2013年1月9日に改修初号機(JA731J)が就航し、13機目となる改修最終号機(JA741J)は2014年7月26日に就航した。2019年8月からはファーストクラス以外のシートカバーを新デザインに刷新するなど、同年9月に就航したA350-900と連続性のあるインテリアにリニューアルしている。  A350-1000は新仕様の客室を導入し、コロナ後の旅客需要取り込みを目指す。777-300ERと同様、ビジネス客が主なターゲットで、カタール航空(QTR/QR)やデルタ航空(DAL/DL)、全日本空輸(ANA/NH)などが導入している個室タイプのビジネスクラスなどと比較し、競争力のある客室で利用者に訴求していく。

    (出典:aviationwire)





    JALさんもB777からA350への機材変更が進んでいますね。ANAはB777Xの導入の噂もありますが、今後、JALさんのフラグシップ機ははB787とA350メインになそうです。




    ANAが4年ぶりにCA職採用再開に踏み切った切実事情とは?





    〈ニュース記事〉


    国際線運航状況はコロナ前の約半分


    空白期間の穴を埋められるか


    入国規制緩和・円安で航空特需期待

    3年という長い間、海外旅行がまたできる日を首を長くして待っていた人たちも多いだろう。さらに、続く
    円安効果で訪日外国客数などのインバウンド需要も大きく期待できる。  コロナは完全に収束したわけではない。だが少しずつ、前のように気軽に旅行やビジネスで飛行機に乗る機会は戻ってきている。東京五輪特需は残念ながら逃してしまったが、徐々に回復の兆しを見せる航空業界のこれからの盛り返しに注目したい。

    (出典:Yahoo!)




    コロナ禍で低迷していた航空業界もやっと活気があふれてきましたね。
    早く元の状態に戻ることを期待します!






    ANA



    当サイトは、航空ニュースに関する情報
    をまとめています。

    記事・ツイートの削除依頼などは、メール・メールフォームからご遠慮なくお申し付けください。


    当ブログメールアドレス
    ueda0505◆outlook.jp
    (◆を@に変換して下さい)


    【相互リンク・RSSについて】
    当サイトは、リンクフリーです。
    相互リンク・RSSに関しましては、当ブログを追加後に依頼をお願いいたします。
    確認が出来次第こちらにも追加いたします。

    また公序良俗に違反しているサイトやアダルトサイトまたは、
    管理人がそぐわないと判断したサイトはお断りする場合もございますのでご理解をお願いいたします。


    サイト名・・・エアライン速報

    サイトURL・・・https://airline0505.com/

    RSSURL・・・https://airline0505.com/index.rdf

    このページのトップヘ