機体トラブルで欠航…タイガーエア台湾


IMG_4763
(出典 マイルで得得)



<関連する記事>



タイガーエア台湾 機体トラブルで成田発の便欠航 乗客は臨時便に振り替え
…(台北中央社)14日午後、格安航空会社(LCC)のタイガーエア台湾が運航する成田発台北行きIT201便が、機体トラブルにより欠航となった。同社による…
(出典:中央社フォーカス台湾)



<ネットの反応>

台湾ニュース@中央社フォーカス台湾
@focustaiwanjapa

タイガーエア台湾 機体トラブルで成田発の便欠航 乗客は臨時便に振り替え japan.focustaiwan.tw/society/202306… 14日午後、格安航空会社(LCC)のタイガーエア台湾が運航する成田発台北行きIT201便が、機体トラブルにより欠航となった。

(出典 @focustaiwanjapa)

漆野浮琅🐺
@wolfloat

昨日、タイガーエア台湾(虎航)が成田で機材故障のため欠航になったらしい。LCCだからカウンターで手続きやってもらえないって話のようだが、払い戻し以外に、同日他社便やホテル手配して翌日自社便へ振替、1000円分の食事券配ったり対応は悪くないように見える pic.twitter.com/pASVarhD6M

(出典 @wolfloat)


LCCの欠航は私も経験ありますが、何の保証もありませんでしたし、それが当たり前に思っていましたが、タイガーAIRは機材の不良とは言え、宿泊施設まで提供して翌日の臨時便に振り返るとはサービスのレベルが高いと感じた。今度台湾へ行くときに利用してみたい。
(出典:Yahoo!)

タイガーエア台湾は当初タイガーエアHD(シンガポール航空出資)と中華航空が所有する会社だったがタイガーエアHDの出資分を中華航空が取得したので中華航空のLCCとなった。
シンガポール拠点のタイガーエアはシンガポール航空のLCCのスクートが吸収して消滅した。
タイガーエアの商標はスクートから中華航空が取得して現在に至る
なのでシンガポール航空とタイガーエア台湾とはなんらの関係性はない。
台湾は現在中華航空EVA航空SKYLUX航空と競争が激しいのでLCCとして生き延びるのに素早い対応を行ったと思う。
(出典:Yahoo!)

●タイガーエアは今はスクートと同じ会社で、シンガポール航空のLCC子会社。そういう意味ではこの欠航理由はきちんとしているし、航空会社責任で宿泊施設が確保されているなどLCCとは言えない手厚さで対応できているなあと思った。利用予定だった方にはお気の毒さまですとしか言えないが。
(出典:Yahoo!)