エアライン速報

旅客機 / 航空ニュースを中心に話題の情報をお届けします!

    航空・宇宙ニュース

    航空ファン2024年3月号ネタバレ特集
     



    (出典 dot.asahi.com)


    1. 特集内容
    特集1: 航空会社の最新機材に注目
    特集2: 空港の魅力を探る
    特集3: エアショーコラムで迫る航空ショーの魅力
    特集4: パイロットの素顔に迫るインタビュー

    航空ファン2024年3月号の特集が盛りだくさんです。
    特集1では、航空会社の最新機材に注目しています。
    新たに導入された機種や最新技術の搭載など、航空ファンなら見逃せない情報が満載です。
    特集2では、空港の魅力を探る内容となっています。
    空港の設備や充実したサービス、航空会社の拠点としての役割など、航空旅行に興味のある方には必見の特集です。
    特集3では、航空ショーの魅力をエアショーコラムで紹介しています。
    迫力満点の飛行シーンやパフォーマンス、観客エリアの楽しみ方など、航空イベントへの参加を検討している方には役立つ情報が満載です。
    そして特集4では、パイロットの素顔に迫るインタビュー記事が掲載されています。
    一般の方にはあまり知られていないパイロットの仕事やトリビアなど、航空に対する新たな発見があります。


    2. 読者の声

    航空ファンはいつも興味深い特集記事が多く、読むのが楽しみです。
    特別付録も毎回充実していて、コレクションしています。
    航空に詳しくない方でも楽しめる記事があるので、幅広い読者におすすめです。


    3. 注目の記事

    航空ファン2024年3月号の注目記事をご紹介します。

    注目記事1: フライトスクールでのトレーニングレポート

    航空ファン編集部が厳選した数々のフライトスクールでのトレーニングを体験し、その様子をお届けします。初心者からプロのパイロットまで、航空スクールでのトレーニングは興味深いですよね。実際のフライトの模様やトレーニング方法など、詳細なレポートをお楽しみください。

    注目記事2: 最新の航空機グッズ紹介

    航空ファン2024年3月号では、最新の航空機グッズを紹介しています。パイロットのための特殊な機能を備えたグッズや、航空ファン必見のおしゃれなアイテムなど、航空機好きにはたまらないアイテムが盛りだくさんです。ぜひチェックしてみてください。

    注目記事3: 航空イベントの予定

    航空ファン2024年3月号では、今後の航空イベントの予定も掲載しています。航空ショーや航空博覧会など、航空ファンにとって imperdible なイベントが盛りだくさんです。ぜひ参加予定のイベントをチェックし、航空の魅力を存分に楽しんでください。

    注目記事4: 付録の豪華特典など

    航空ファン2024年3月号の付録には豪華特典がついています。特製の航空グッズや限定の写真集など、航空ファン必見のアイテムが手に入ります。付録だけでも買いたくなる豪華な内容ですので、ぜひお見逃しなく。


    4. 最後に

    航空ファン2024年3月号は、航空ファン必携の一冊です。航空に興味がある人や航空愛好者には特におすすめの雑誌です。この号の見どころと読者の声についてご紹介します。

    まず、見どころの一つは特集記事「新たな航空の時代へ」です。この特集では、最新の航空技術や航空機の開発動向について詳しく解説しています。航空の進化や未来の展望に興味がある方には必見の内容です。

    また、読者の声では、航空に関する様々な情報が詳しく掲載されていることが好評です。航空会社や航空機メーカーの最新ニュースや新しい航空路線の情報など、航空ファンにとっては欠かせない情報が満載です。

    さらに、航空ファン2024年3月号では、読者コーナーも充実しています。読者からの投稿や質問に編集部が答えるコーナーや、読者限定のプレゼント企画など、読者との交流を大切にしています。

    航空ファン2024年3月号は、航空に関する情報を網羅し、航空愛好者にとっては必読の雑誌となっています。航空に興味がある方や最新の情報を知りたい方には、ぜひおすすめです。


    【吉報】JAL、初の個室座席導入が決定!



    1 はな ★ :2023/10/03(火) 16:32:57.90 ID:gY1lJQPn

    JAL、初の個室座席 新型機の就航23年内に


    日本航空(JAL)は2日、羽田―ニューヨーク線で就航する予定の欧州エアバスの新型機「A350-1000」のサービス概要を発表した。ファーストクラスとビジネスクラスでJALとして初めて扉付きの個室型座席を導入する。11月下旬としていた就航時期は部品の納入の遅れで1カ月程度延期し2023年内とする。

    A350-1000は全239席でうちファーストクラスが6席、ビジネスクラスが54席、プレミアムエコノミークラスが24席を予定する。全席に4Kモニターを設置し、乗客のワイヤレスヘッドホンをBluetoothでつないで映画や音楽を楽しめる。

    就航時期は「新型コロナウイルス禍でサプライチェーン(供給網)が乱れ、座席関連の部品の納入が遅れた」(JAL)ため1カ月程度延期する。

    引用元ソース
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC022KB0S3A001C2000000/ 
     
    【【吉報】JAL、初の個室座席導入が決定!】の続きを読む

    【速報】大分空港、小型機が胴体着陸…再開のめどたたず


    1 蚤の市 ★ :2023/08/14(月) 12:12:25.62 ID:5n60KcZK9

     
    14日午前10時20分ごろ、大分県国東(くにさき)市の大分空港で、小型機1機が胴体着陸した。大分空港事務所によると、乗員3人にけがはなく、火災の恐れはない。

     滑走路は閉鎖され、現時点で再開のめどはたっていない。この影響で、大分空港の発着便に欠航や遅れなどが出ている。【城島勇人】

    引用元ソース:毎日新聞 
    https://mainichi.jp/articles/20230814/k00/00m/040/064000c


    【【速報】大分空港、小型機が胴体着陸…再開のめどたたず】の続きを読む

    関西国際空港、陸の孤島と化してしまう…旅行客ら650人一夜明かす


    1 ばーど ★ :2023/08/15(火) 11:54:44.71 ID:2Mk7DDjn9
     
    関西国際空港は、対岸の大阪府泉佐野市とを結ぶ連絡橋が15日午前0時から通行止めとなり「陸の孤島」になった。飛行機も軒並み欠航となり、出発便を待つ旅行客ら約650人が空港内で一夜を明かした。

     タイへの一人旅を予定している富山市の男子大学生(21)は、台風の影響で搭乗便が15日から16日に変更になったため空港に2泊することに。「食べ物や貴重品の扱いが心配だ」と不安そうな表情を見せた。

     空港では夜を明*旅行客向けに寝袋や水が配られた。台湾から家族7人で旅行に訪れていた自営業のクォ・フェリンさん(31)は「寝袋を借りられたのはありがたかった。ただ、人がたくさんいてあまり眠れなかった」とこぼした。【斉藤朋恵】

    引用元ソース:毎日新聞 
    https://mainichi.jp/articles/20230815/k00/00m/040/062000c


    (出典 cdn.mainichi.jp)


    【関西国際空港、陸の孤島と化してしまう…旅行客ら650人一夜明かす】の続きを読む

    【驚愕】墜落事故多発のボーイング737 MAX 8、更なる不具合が発覚…


    1 田杉山脈 ★ :2019/06/27(木) 18:32:27.14 ID:CAP_USER


    5カ月の間に「ボーイング737 MAX 8」で2度の墜落事故が発生したことについて、主因はソフトウェアの不具合だったという見方が有力です。ボーイングはこの不具合をアップデートにより修正し、FAA(連邦航空局)はこれを暫定的に承認しました。そんな中で、新たな不具合が見つかったことが明らかになったと報じられています。

    ボーイング737 MAXには「操縦特性向上システム(MCAS)」というシステムが実装されており、このMCASのソフトウェア的な不具合が墜落の原因だったとの見方が大勢を占めています。

    MCASの仕組みや墜落事故につながった理由については以下の記事を読むとよく分かります。

    MCASには、機首が上がりすぎて失速しやすいというボーイング737 MAXの特性を抑えるため、尾翼の安定板(スタビライザー)を自動的に作動させて機首を下げるという機能があります。この機能の不具合により安定板がパイロットの意図とは異なる動作をすることが明らかになっており、この現象はパイロットの間で「暴走安定板(runaway stabilizer) 」と呼ばれていました。

    ボーイングは既にこの不具合をアップデートで修正しており、FAAによる暫定的な承認も得ていました。そんな中、最新版のMCASをシミュレーターでテストしたところ、新しい不具合が見つかったことが判明。その欠陥とは、「失速防止システムのマイクロプロセッサが機能停止する」というもの。

    マイクロプロセッサの不具合が墜落事故の直接的な原因になったかは不明ですが、墜落につながりかねない危険な不具合であることが指摘されています。アメリカのテレビ局・CNNの報道によると、テストを実施したパイロットは「不具合は数秒で回復しましたが、システムが数秒間も停止したということは途方もないリスクにほかなりません」とコメントしたとのことです。

    このテスト結果を踏まえてFAAはボーイングに対し更なるソフトウェアの修正を命じており、ボーイングのスポークスマンは「当社はFAAの決定に従い、ソフトウェアの改修に取り組んでいるところです」と話しています。

    その一方で、イギリスのIT系総合メディアThe Registerは「MCASの修正コードが、マイクロプロセッサが抱えている設計上の欠陥に作用し、その結果フリーズを引き起こしたおそれがある」と述べており、単なるソフトウェア上の不具合ではない可能性を示唆しています。

    また、CNNも「ボーイングは目下、新しい不具合がソフトウェアのアップデートで修正できるのか、あるいはマイクロプロセッサを交換しなくてはならないのか検討している」と報じており、ボーイング737 MAXの改修がより困難なものになるとの見方が強まっています。

    引用元ソース
    https://gigazine.net/news/20190627-boeing-737-max-faa-finds-new-risk/


    【【驚愕】墜落事故多発のボーイング737 MAX 8、更なる不具合が発覚…】の続きを読む

    このページのトップヘ